スマホの容量不足で写真が撮れない!「LINE」を使って撮影が続けられる裏ワザ


家族でお出かけするのに、気持ちの良い季節になってきましたね。

スマホ写真の整理はどうしていますか?データがパンパンで、出先で急に容量不足になっても「LINE」に一時保存して撮影が続けられる裏ワザを紹介します。

せっかくのシャッターチャンスを逃さず、たくさん思い出の写真を残してください。

方法1:いつものように投稿して保存

「自分だけのグループ」を作って、普段使っている要領で写真を投稿すれば誰にも見られない一時的な保存場所として使えます。
保存期限は2週間ですが、容量の制限はありません

1)グループを作成する


誰も追加せずに「保存」すると自分だけのグループが作れます。

2)写真を選択する


自分だけのグループができたらトーク画面で「写真を選択」します(一度に選択可能な枚数は50枚まで)。
「オリジナル画質」にチェックを入れておかないと、通信の負荷を減らすために自動的にデータサイズが圧縮されて画質が下がってしまいます。

3)グループ内のトークに投稿する


選択した写真がグループ内のトークにすべて投稿されれば保存完了です。

方法2:無期限で保存できる「Keep」機能

テキストや画像を保存しておける「Keep」機能を利用すれば容量は1ギガまで無期限で保存できるようになります(1枚3メガの写真なら330枚以上)。
※1ファイルが50メガを超える場合は保存期間が30日間に制限されます。

1)「Keep」を利用する


プロフィール画面の右下にある「Keep」アイコンをタップすると写真を保存できます。

2)右上の「…」をタップして「設定」へ


アップロードサイズの設定を「元サイズ」にしておかないとデータサイズが圧縮されて画質が下がってしまいます。また設定画面では保存に使用中の容量も確認できます。

3)戻って右上の「+」から「写真を選択」へ


保存したい写真を選んで「選択」で送信すれば保存完了です(一度に選択可能な枚数は20枚まで)。

LINEに保存が完了した写真を、スマホから消せば空き容量が増えます

上記のどちらかの方法で写真の保存ができたらスマホから写真を消去します。 その際「最近削除した項目」に移動されているだけの場合があるので、そこからも必ず削除してください。
これで空き容量に余裕ができるので撮影を再開できます
LINEを上手に使ってスマホの容量を気にすることなく、たくさんの思い出を持ち帰りましょう。

大切な思い出を消してしまわないために

今回紹介した方法は、あくまでも急な容量不足に一時的に対応するための方法です。
どちらの方法でも、必ず保存期限内に写真の整理をして安全な場所に保存をしておきましょう。

また、大切な写真のデータは万が一に備え、フォトブックにしておくことをお勧めします。
Update:2016/09/23

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。