「表紙に写真」機能を使って、素敵な表紙のフォトブックを作っちゃおう!

こんにちは、開発部のオオタです。

みなさんは、もう「表紙に写真」機能を使ってフォトブックを作りましたか?

以前に紹介した「表紙に写真」機能を楽しむ3つのポイントという記事内に書いてあるようにInstagram(インスタグラム)アプリのフィルター機能を使って、素敵に加工された正方形の写真は、表紙に入れるのにぴったりなんですよね。(私自身もプライベートでよく使うアプリの1つ)

表紙に写真機能は、ユーザーのみなさんから要望が多かったこともあって、開発が最終段階に近づくにつれて、私自身もリリース後のみなさんの反響がとても楽しみでした。

今回は、Instagramに自分でアップロードした写真を表紙に入れるために、ちょっとだけ便利になる自作のAndroidアプリの紹介です。

それがこのアプリです。(自分で自分のアプリを紹介するのは、ちょっと恥ずかしいですが...)

私自身が欲しかった最低限の機能(Instagramから自分の写真をダウンロードする機能)しかないので、アプリの使い方を説明しつつ、表紙に写真を入れたフォトブックを作ってみます。

では、さっそく作ってみよう!

まずは、Picalbusアプリを立ち上げます。

上のようなInstagramのログイン画面が表示されるので、自分のInstagramアカウントでログインします。
ログインに成功すると自分のInstagramの写真が下のように一覧で表示されます。

あとは、ダウンロードした写真をタップするだけで終わりです。

選択した写真をダウンロードし終わるとメッセージが出てくるので、メッセージを確認した後、今度はTOLOTアプリを立ちあげます。

ここからは、いつもどおりにフォトブックを作っていきます。

もちろん表紙は「表紙に写真」を選びます。
そうそう、つい最近、新しく「表紙に写真」用のパステルカラーの表紙が追加になっているので、さっそく選んでみました。(もしも新着表紙に出てこない場合には、右上の更新ボタンを押してみてくださいね)


さきほど、ダウンロードした写真は、「Picalbus」というアルバム名で保存されているので、そこから写真を選択すればOKです。

今回は、春を意識したフォトブックを作ってみました。
どんな感じに仕上がるのかプレビューで確認してみます(なかなかいい感じで楽しみです)。

ということで、Instagramにアップロードした写真をダウンロードして、表紙に写真を入れたフォトブックをたくさん作ってくださいね。
Update:2014/04/08

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。