『フレデリック』『スイミー』が月替わりで登場!人気絵本作家レオ・レオニのフォトカレンダー


自分の写真1枚で1ヶ月分のカレンダーが作れる「TOLOT毎月カレンダー」にキャラクターデザインが誕生しました。『フレデリック』『スイミー』などを手掛ける絵本作家レオ・レオニの作品が月替わりで登場する可愛いデザインです。1部350円(消費税込み・送料無料)。

各月に採用している作品とデザインラインナップを紹介します。

写真1枚を用意して毎月注文する「TOLOT毎月カレンダー」


通常のカレンダーは、日めくりタイプや1年分がセットになったものが一般的。けれども、「自分の写真を使ったフォトカレンダーを作りたい」「写真は最新のベストショットを使いたい」といったニーズを汲み取り、実現したのが「TOLOT毎月カレンダー」です。

その名の通り、毎月作成して注文します。そのつど料金が発生するので、始めたいときから始められ、しかも1部から気軽に作成できます。

コラボが実現!レオ・レオニの人気作品が月替わりで登場するデザイン


TOLOT毎月カレンダーは、定番商品として無地のシンプルなデザイン(縦写真、正方形写真、横写真の3タイプ)を用意しています。2019年度からキャラクターデザインを新たに追加し、第一弾に人気絵本作家のレオ・レオニの作品が登場しました。

レオ・レオニの作品は、小学校の教科書でも採用されています。魚の『スイミー』やねずみの『フレデリック』など、繊細なタッチで描かれた愛らしいキャラクターは幅広い年代の女性に人気です。

そんなレオ・レオニのデザインを採用した「TOLOT毎月カレンダー」は、毎月異なる作品をモチーフにしています。

月替わり作品ラインアップ


よく見ると、写真の上にもイラストが!細かい部分にも拘りました。しかも、写真とカレンダーを切り離せるミシン目を付けているので、当該月が過ぎたら写真部分のみ保管できる優れモノです。

4月:フレデリック


ちょっと変わった野ねずみの話。仲間の野ねずみたちが冬に備えて食料を貯えているのに、フレデリックだけは何もしないでぼんやりと。けれど、冬の間に食料が尽きてしまった野ねずみたちを救ったのはフレデリックでした。石垣に暮らす野ねずみたちが可愛いデザインです。

5月:レオ・レオニ 110周年記念デザイン


レオ・レオニの誕生日は5月5日。2020年は、生誕110周年にあたります。これを記念し、5月は毎月カレンダーに登場する絵本作品のキャラクターが大集合!スペシャルなデザインでお祝いします。

6月:あおくんときいろちゃん


レオ・レオニの最初の絵本。親友同士のあおくんときいろちゃんはいつも一緒。ある日、あおくんはお母さんの言うことを聞かずに、きいろちゃんと遊びに行ってしまいました。そこで、くっつきあったふたりは緑色に……。水玉模様のような素朴なデザインです。

7月:いろいろ1ねん


1本の木「ウッディ」と、双子の子ねずみ「ウィリー」「ウィニー」がともに過ごす1年間を描いた作品。季節の移り変わりとともにウッディの様子も変化します。そこで育まれる温かな友情の物語。当月は花と葉でいっぱいになったウッディと仲良し兄弟との交流を描いています。

8月:スイミー


赤い魚の兄弟の中で1匹だけ黒い色をしたスイミーは、仲間をマグロに食べられてひとりぼっちに。さまざまな海の生き物と出会う中で、同じような小さな赤い魚と出会い、再び大きなマグロに立ち向かいます。スイミーの知恵で仲間と作った大きな赤い魚の印象的な場面です。

9月:アレクサンダとぜんまいねずみ


ねずみのアレクサンダは、子供にチヤホヤされるおもちゃのぜんまいねずみのウイリーを羨ましく思っています。ある日、ウイリーが捨てられていました。願いを叶えてくれる虹色のとかげと出会ったアレクサンダは、あるお願いを……。ねずみの友情を感じられる1枚です。

10月:うさぎをつくろう


はさみと鉛筆で作られた2匹のうさぎ。次第に影ができ、絵本を飛び出して見つけた本物のニンジンを食べていたら、本物のうさぎになったお話。鉛筆と切り絵の美しい色合いのパーツをあしらいました。

11月:じぶんだけのいろ


いろいろ探したカメレオンの話。象は灰色。豚はピンク色。でもカメレオンは行く先々で色が変わるから「どうして他の動物と違って、自分の色がないのだろうか」と悩んでいます。メインイメージのレインボーカラーのカメレオンを大きく載せました。

12月:いろいろ1ねん


『いろいろ1ねん』の冬バージョン。双子の「ウィリー」と「ウィニー」が友達のウッディにクリスマスプレゼントを持参しました。降り注ぐ白い雪と、カラフルなウッディ、プレゼントを抱える子ねずみのコントラストが映える12月です。

1月:フレデリック


4月に登場した『フレデリック』のデザイン違い。灰色の冬に備えて「色」を集めたフレデリック。冬になり、フレデリックの色とりどりなお話に耳を傾ける野ねずみたち。心の中でいろんな色を思い描いているシーンを選びました。

2月:スイミー


8月に登場した『スイミー』が再登場!2月は、群れを成して広い海で悠々と泳ぎ生活する小さな魚たち。赤い色をした兄弟と1匹だけ黒いスイミーが、大きなマグロに出会ってしまう場面です。

3月:アレクサンダとぜんまいねずみ


『アレクサンダとぜんまいねずみ』が再登場!虹色のとかげに願いを叶えてもらうため、アレクサンダは来る日も来る日も庭で「紫色の小石」を探します。写真の上に、アレクサンダとウイリーが仲良くダンスをする場面をレイアウトしました。

絵本作家レオ・レオニについて


1910年オランダ生まれ。イタリアで暮らした後、米国に亡命し、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍。その後イタリアへ戻り、1999年没。最初に出版した絵本『あおくんときいろちゃん』は、ニューヨークでグラフィックデザイナーに従事していた49歳当時、一緒に電車移動していた孫のために作られたものです。以来、絵本を数々出版し、『スイミー』『フレデリック』『アレクサンダとぜんまいねずみ』などは小学校低学年の国語の教科書にも掲載されています。『はらぺこあおむし』作者のエリック・カールの才能を見出し、彼に大きな影響を及ぼした人物のうちの1人でもあります。

公開日:
最終更新日: