iCloudのバックアップで容量オーバーエラーが出たときの対処法

iCloudでバックアップをつくろうとしたとき、こんなエラー画面が出たことはないでしょうか。

この画面は「容量が足りない」というエラーです。iCloudは無料で5GBまでのデータをバックアップすることができるのですが、バックアップ用のデータがそれ以上あると全てを移動させることができません。

1.「ストレージを管理」を押して、


2.利用しているiPhoneを選択すると


3.バックアップしようとしているデータの量がわかります。この場合は17GBあるので、5GBをオーバーしてしまっていますね。


4.5GBに収まるようにアプリのチェックをオフにすれば、初めのエラーは出なくなり、iCloudでバックアップができるようになります。


以上が容量オーバーのときの対処法ですが、不要なアプリをオフにしても、どうしても5GBに収まらなかった場合には、こちらの方法をお試しください。
参考記事:iCloudの容量が足りないときは写真だけ別の方法で移動させよう
Update:2014/10/16

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。