Instagram(インスタグラム)の作品集が作れる!「表紙に写真」機能を楽しむ3つのポイント


「表紙に写真」機能を使って、Instagram(インスタグラム)などのカメラアプリで撮影した画像や、加工した画像を表紙に入れると、雰囲気のある世界にひとつだけの「オリジナル作品集」が作れます。

そんな表紙に写真機能を楽しむポイントをご紹介。ポイントはズバリこの3つ!
  • ポイント1 Instagramなどで加工済みの正方形写真を入れる
  • ポイント2 表紙の色と写真の色のバランスを考える
  • ポイント3 オリジナルのイラストや作品画像を入れる

「表紙に写真」の作り方(iPhone・Android版)

画像はどんなふうに配置されるの?


表紙のレイアウトは3種類あります。正方形の写真エリアに対して…
  • 正方形の画像のとき → 写真エリアいっぱいに配置されます。
  • 縦長の画像のとき → 縦を合わせて配置し、左右に余白ができます。
  • 横長の画像のとき → 横を合わせて配置し、上下に余白ができます。
表紙には正方形の画像が一番大きく配置できて、タイトルと写真がバランス良く収まるのでオススメです。

「表紙に写真」機能を楽しむ3つのポイント

◉ ポイント1 Instagramなどで加工済みの正方形写真を入れる


正方形写真を表紙にするのがオススメと紹介しましたが、
Instagramアプリで加工済みの写真を使うと、簡単に雰囲気のある正方形写真で表紙を飾ることができます。

中身もInstagramの写真で統一するとオシャレなオリジナル写真集の完成です!

◉ ポイント2 表紙の色と写真の色のバランスを考える

表紙に写真を入れられるデザインは、現在45種類あります。表紙の色と写真の色に注目すると、全体として統一感のある、ひと味ちがったフォトブックを作ることができます。

写真全体の色と表紙の色を合わせてみたり...。

ポイント使いされている色を合わせてみたり...。

◉ ポイント3 オリジナルのイラストや作品画像を入れる

オリジナルのイラストを表紙に入れると立派な作品集になります!

中身にもイラストをまとめたものを入れました。

いつもはパソコンの画面で見るばかりですが、本にまとまって印刷されたものを見るとうれしくなります。
イラストの他にもハンドメイド雑貨やフラワーアレンジメントなど、趣味の作品をまとめてカタログやポートフォリオのように使うのにもぴったりです。


TOLOTオリジナル表紙も素敵ですが、写真を表紙に入れると、自分だけの「世界でひとつだけの作品集」の夢が叶います!
みなさんもぜひいろいろな方法で試してみてください。
Update:2014/03/20

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。