アートスペース「TOLOT/heuristic SHINONOME」がオープンしました。

3月21日(木)、東京都江東区東雲にある株式会社TOLOTの社屋2階に、巨大なアートスペース「TOLOT/heuristic SHINONOME」がオープンしました。その前日の3月20日(水・祝)には現代アートに精通する関係者を招待して、オープニング・レセプションを開催。TOLOTスタッフも参加しましたので、その模様をお伝えします。

2012年春に、元々は工場だった建物の内部を改装し、1階にTOLOTの印刷工場とオフィススペースがつくられました。その後、未使用の2階を整備し、このたび「TOLOT/heuristic SHINONOME」として、コンテンポラリー・アート&フォトのアートスペース&ショールームをオープンしました。高い天井と無機質な鉄筋をそのまま生かした内装で、400坪に8つの巨大なキューブがミニマルに並ぶ美術館級の空間です。

G/P+g3 GalleryYUKA TSURUNO GALLERYの2つの常設ギャラリーがキューブに居を構え、残り6つのキューブは企画展示が行われます。うち1つは、才能ある東京の若手アーティストをラインナップし、東京のアートを開発することを目的としたプロジェクト「TOKYO FRONTLINE」のプログラム「TRICK-DIMENSIONS」が大庭大介氏をキュレイターに立て5月22日まで開催。また、クリスチャン・ボルタンスキーの影を使ったインスタレーション『Ombres』など多くの作品を展示しています。
建物の目印は大きな赤い鉄扉。レセプション当日、YUKA TSURUNO GALLERYで個展「PROSE」を開催するNYを拠点とするアーティスト、ホセ・パルラ氏が「SHINONOME」の文字をペインティングして来場者の目を楽しませてくれました。パルラ氏は、アートスペース内でも今回の個展に併せた滞在期間中に約15メートルの壁画ペインティングを実施し、オープニングを飾りました。

会場に入って最初に目に飛び込んでくるのは、常設のゲルハルト・リヒターのガラスを重ねた立体的な作品「8 Glass Panels」です。お客様はまずここで立ち止まって写真を撮られていました。さらに目の前に広がる8個のキューブを見て、都内とは思えない景観に対して一様に驚かれるのが印象的でした。

今回のレセプションは、随所に弊社ならではのこだわりを反映しています。用意したシャンパンやフード類もその1つ。フィンガーフードを並べたお皿は、弊社デザイナーがレースのテーブルクロス風のデザインを起こし、1階の工場で印刷した用紙にフィルムを貼ったもの。お客様に配布したご案内状やネームカード、カタログも、自社で製作したものです。

また、会場の隅に置かれた銀紙の山は、フェリックス・ゴンザレス=トレスの作品をオマージュしたもので、キャンディの代わりにフルーツチョコを包みました。

各ギャラリーをまたいで作品を観賞後、お客様はゆったりとしたスペースで談笑されていたご様子。不安定な天候の中、多くの方にご来場いただき、レセプションは盛況に終わりました。

倉庫が並ぶ立地に、突如出現した巨大アートスペースは、一般の方も入場できます。りんかい線「東雲駅」から徒歩5分。東京ビッグサイトやお台場も近いので、現代のコンテンポラリー・アートに興味のある方は「TOLOT/heuristic SHINONOME」まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。なお、現在は500円フォトブック「TOLOT」に関する展示はございませんので、ご了承ください。
「TOLOT/heuristic SHINONOME」概要
  • 住所:〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-13 2階
  • 最寄り駅:りんかい線「東雲駅」徒歩5分
  • 開館時間:火~土 11:00~19:00
  • 休館日:日・月・祝日
  • 観覧料:無料
  • http://www.heuristic.com/tolot/
Update:2013/04/01

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。