「もしも」のお守りに。子供に携帯させたい備えあれば憂いなしの防災手帳


毎年8月30日から9月5日は防災週間。
この時期、避難グッズはもちろん、家族それぞれの避難場所、緊急連絡先などの再点検をしておきたいですね。

子を持つ親としては、家族が離れて活動している日中の、わが子の安全の確保が気になるポイントです。

娘の通う小学校では携帯電話の持ち込みを禁止しています。親から子供へ直接連絡を取れないため、子供自身、自分の身は自分で守る必要が出てくるかもしれません。

そこでわが家では、子供が困ったときに見る「もしものときの本」を作って持たせています。

安心に必要な、最低限のことだけをまとめる


娘はまだ小学校2年生です。あまりたくさんの情報を載せても把握できなくなるので、最低限必要なことだけに絞ってまとめました。

1)緊急連絡先

「もしも」のとき、親として最も不安なのは、子供と連絡がつかなくなること。家族や親戚、親しいご近所さんの連絡先をまとめて、携帯電話を持っている大人に見せられるようにしています。
自宅や親の携帯電話番号は、たとえ覚えていたとしても、状況によってすぐに出て来ないこともありえます
娘本人と両親のほか、兄弟や祖父母に関してはやや詳しい情報を書き込みました

2)避難経路

避難経路は地図だけでなく、必ず辿り着くための工夫として、ポイントごとの写真にメモを入れたページを作りました。
写真を撮りに行くついでに、子供と一緒に避難経路の確認もできました

3)知らせておきたいこと

避難時に注意してほしいこと、自宅の非常持ち出し袋の場所などについて、簡潔にまとめました。

不安をあおらず、持たせてお守りになるといい

両親が迎えに来るのを待つ間、子供は1人で不安な時間を過ごさなくてはなりません。

少しでも寂しい気持ちを軽くしてくれる「お守り」になるよう、簡単なメッセージとともに、飼っているペットや家族の笑顔の写真を入れました。

表紙も娘の好きそうな柄を選び、持っていて嬉しいものにしています。

本の使い方をしっかりと伝えておく

個人情報も書き込んであるため、うっかり紛失しては困ります。
わが家では
  • 学校では、まず先生の指示に従うこと
  • 本当に困ったとき以外は、絶対に袋から出さないこと
  • お友達に見せびらかさないこと
  • 半年ごとに自宅へ持ち帰り、一緒に中身を点検すること
を伝えました。
その上で、ジッパーの付いた袋に入れて紐を付け、学校で使用している「防災頭巾」のバッグの中へ忍ばせています。

※学校へ持ち込む際は念のため、担任の先生に確認をお取りください。

アイテムを便利に使ってオリジナルに仕上げる

作り方にルールはありません。防災手帳に必要な項目は、持たせる子供の年齢や性格、両親が共働きかどうかなど家庭によって違ってくると思います。

私が使ったアイテムはこちらです。
上のほかにも防災手帳用に「非常持ち出し品チェックリスト」「災害用伝言ダイヤル171」「貴重品番号リスト」「緊急連絡リスト」などが用意されています。

【TOLOTの作り方】記録やメモ用のアイテムを挿入する

TOLOTアプリの「アイテム」内には防災手帳用以外に、「既往歴」「処方薬」を記入できるものやメモ用罫線など、使えるアイテムが多数あります。

防災手帳といっても、子供が好きで見て気が紛れる写真なら、なんでも入れてあげて良いのではないでしょうか。
ぜひメインには家族の写真をたくさん入れて、子供の「もしも」のときのお守りになってくれますように。
Update:2016/09/02

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。