【敬老の日のプレゼント】孫の写真入り“手帳”が喜ばれる3つの理由

こんにちは。スタッフのテヅカです。

今年の敬老の日は、9月21日です。
あと1か月。みなさん、プレゼントは決まりましたか?

やはり、じぃじ、ばぁばにとっては、なんといってもお孫さんが1番!
お孫さんに関するものなら、絶対に喜んでくれますよね。

そこで、今回オススメしたいのは、TOLOTアプリで作る「お薬手帳」と「血圧手帳」。お孫さんの写真が入れられて、日々の健康管理にも使えます。
しかも作り方は、簡単。“写真を選ぶだけ”で完成です。

それでは、内容と作り方を詳しく紹介します。

■じぃじ、ばぁばが、「お薬手帳」と「血圧手帳」をもらって“うれしい!”3つの理由

(理由1)お孫さんの写真が入っているから“うれしい!”

お孫さんの写真が入った世界に1つだけの「お薬手帳」と「血圧手帳」。
じぃじ、ばぁばなら、絶対に喜んでくれると思いませんか?

(理由2)日々の健康管理に使えるから“うれしい!”

写真が入っても、「お薬手帳」「血圧手帳」としての機能はバッチリです。
実用的で、しかも毎日元気が出る手帳です。

(理由3)ママとパパからの気持ちも伝わるから“うれしい!”

ずっと健康でいてほしい」と普段思っていてもなかなか言えない。
その気持ちもきっと伝わります。

■「お薬手帳」その内容は?

▼左に選んだ写真30枚、右に処方薬・投薬情報の記入ページが入ります。

お薬手帳って、病院に持っていくのを忘れたり、なくしてしまったりしませんか?
でも、お孫さんの写真が入っていれば、きっといつでも持ち歩いて、みんなに見せたくなる自慢の1冊になります。
処方薬・投薬情報の記入ページも30ページあるから、複数の診療科にかかっている方でも継続して記入できます。

■「血圧手帳」その内容は?

▼左に選んだ写真25枚、右に約半年(25週)分の血圧値と脈拍数の記入ページが入ります。

血圧測定は、継続すると日々の変化やリズムを知ることができます。
お孫さんの写真が入っていれば、毎日開くのが楽しみになるから、血圧測定もきっと習慣になります。
まずは、半年からはじめてもらいましょう。

■作り方は簡単!“写真を選ぶだけ”

「キット」機能を使えば、自動的に写真とアイテムが配置されるから、“写真を選ぶだけ”で完成です。

※「キット」機能は、スマートフォンアプリ(iPhone版、Android版)のみ対応しております。
※パソコンの場合でも「アイテム」を使えば、作成できます。過去の記事「敬老の日(9月15日)のギフトに、孫の写真を入れた「血圧記録手帳・おくすり手帳」のつくりかた」も参考にしてください。

(1)アプリを起動して、新規作成をタップします。

(2)キットから作成をタップします。

(3)「おくすり手帳」をタップします。

※ここでは、「お薬手帳」を例に説明します。「血圧手帳」を選んでも作り方は同じです。

(4)「作成」をタップします。

(5)お孫さんの写真を30枚選びます。

※選択した順番にレイアウトされます。

(6)選んだ写真とアイテムが自動で配置されます。

(7)表紙デザインを選択してタイトルを入力します。

(8)プレビュー画面で最終確認をしたら、「注文」を押して完了です。

■おわりに

いかがでしたでしょうか?

敬老の日のプレゼントに、お孫さんの写真が入った「お薬手帳」と「血圧手帳」。
ぜひ作ってみてください。

お孫さんの写真以外に、じぃじ、ばぁばの若い頃の写真や大切なペットの写真などを入れても喜ばれそうですね。

1冊500円(税込み・送料無料)だから、メインのギフトに添えて贈るのにもオススメです。

※商品のお届けには、5日~2週間かかります。敬老の日にあわせてプレゼントする場合は、9/7(月曜)までにご注文ください。

「お薬手帳」と「血圧手帳」について、もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
アプリで作成・注文!写真が入るお薬手帳
アプリで簡単!写真入りオリジナル血圧手帳

Update:2015/08/21

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。