【LINEの使い方】保存期間を気にせず写真をアルバムで共有する方法

LINE見られない写真
※ヘルプには一定期間過ぎると削除されると書かれている。

LINEのトークに投稿した写真って一定期間が過ぎると見られなくなってしまうって、みなさんご存知ですか?開発部のヒラリーです。
今日は、見たい時に写真が見られなくならないように、LINE標準機能のアルバムを使って、いつでも写真が見られるようにする使い方と、プラスαその写真をダウンロードしてフォトブックにする方法をご紹介します。
(2015/01/07 現在 LINEのバージョン:4.9.0)

■LINEのアルバム機能を使えば写真は消えない

ステップ1:友だちやグループのトークからアルバム機能を使う

LINEアルバム機能
※上記画像は友だちのトーク画面です。

友だちやグループのトークで画面右上の赤枠の ∨ マークをタップしてから「アルバム」をタップします。
複数の友だちを選択してから開始するトークでは、この機能を利用できません。必ずグループを作成するか、自分と友だちの2者間のトークでないとアルバム機能は利用できません。

ステップ2:アルバムを作成


ステップ1の画面の「アルバム」をタップすると、上の画面が現れます。
左の画像は、初めてアルバム機能を利用する場合、右の画像はそれ以降の場合に現れます。
新規でアルバムを作成する場合は、赤枠の「アルバム作成」ボタンなどをタップします。

ステップ3:アルバムに写真を追加


まずは上の画像左の画面で、アルバムに追加したい写真をすべて選択しましょう。赤枠の「選択」ボタンを押すと画像右の画面が現れます。
赤枠のアルバム名を入力(入力しなくてもOK)してから「アルバム作成」ボタンをタップします。

ステップ4:アルバム作成完了!


選択した写真がアップロードされサーバへ保存されます。
赤枠は今作ったアルバムです。ここをタップすると保存している写真が見られます。右下の緑のボタンをタップすれば、また新規でアルバムが作成できます。
アルバムへ保存しておけば、一定期間が過ぎても写真が見られなくなることはありません。

■アルバムの写真は一括でダウンロードして保存できる

友だちやみんなで作ったアルバムの写真は、ダウンロードをして自分のスマホへ簡単に保存できます。この方法を使えば、友だちなどそれぞれのスマホにある沢山の写真が簡単に共有できます。
TOLOTでも作成したフォトブックのデータは大切に保管されていますが、故障や機種変更などでスマホの写真が無くなってしまった場合でも写真がダウンロードできるのは便利ですね。
ここではアルバムの写真を自分のスマホへダウンロードして保存する方法を解説します。

ステップ1:保存したいアルバムを選択


作成したアルバムの一覧画面(先ほどのステップ1の操作でこのアルバム一覧画面が表示されます)から、画面上部の▼マークの付いたアルバムのタイトル部分(画面右)をタップすると、並び替えや保存などのアクションメニューが表示されます。
みんなと共有した写真などを自分のスマホへ保存したい場合には、赤枠の「保存」ボタンをタップします。

ステップ2:保存したい写真を選択


アルバム内の写真をタップして選択したものを保存できます。
ここで便利なのが、上の画像左の赤枠のチェックマークをタップすると、アルバム内の写真が全部選択できます。写真を選択したら、画像右の画面右下の赤枠の「保存」ボタンをタップします。

ステップ3:ダウンロード・保存完了!


「保存」ボタンを押すと、サーバから自分のスマホへ写真のダウンロードが開始します。
スマホのOS標準の写真アプリなどで、ダウンロードした写真が無事保存されている事が確認できたら完了です。

■みんなで集めた写真でTOLOTのフォトブックが簡単に作れる!


上記のLINEのアルバム機能で写真を共有してスマホに保存すれば、みんなで行った旅行や、学校での部活や会社での仲間の写真などを集めて、簡単にTOLOTでフォトブックが作れます。
事前にどの写真でフォトブックにするか決めた上で、LINEのアルバムを作ってみんなで写真を選んで保存していく方法もいいかもしれません。
事前に写真が絞られていれば、TOLOTではLINEのアルバムから保存した写真を選択するだけですぐに注文できます。
Update:2015/01/09

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。