敬老の日(9月15日)のギフトに、孫の写真を入れた「血圧記録手帳・おくすり手帳」のつくりかた


TOLOTをご利用いただいている「ママ」の間で、最も多い利用シーンは「お子様の成長記録」です。「毎月つくってます!」というヘビーユーザー様からは、複数冊つくって「じぃじ」と「ばぁば」にも定期的に贈っているという声も多数いただいております。

そんなヘビーユーザー様のために、今回ご紹介するのは、TOLOTの「アイテム機能」を活用したハウツーです。お孫さんの写真を心待ちしているじぃじとばぁばへ贈る敬老の日のプレゼントとして、写真だけのフォトブックではなく、シニアの必須アイテム「血圧記録手帳・おくすり手帳」のつくりかたを詳しく解説いたします。

【血圧記録手帳】

▼前半は20枚の写真集


▼後半のページは全て血圧記録用手帳になっています。

【おくすり手帳】

▼左に写真、右に記録用のアイテムを配置しました。
(右側を記録ページにしたほうが書き込みしやすいです。)


▼後半のページは全ておくすり記録アイテムになっています。


いかがでしょうか?市販の手帳では絶対につくれない、世界に1冊の手帳です。
この手帳を敬老の日に贈ることで・・・
  • 病院でお友達に孫の自慢ができる
  • 長生きしなくては!と健康意識が高まる
  • 孫へのお小遣いが増える(笑)
  • お姑さんへ得点を稼げる(笑)

などなど、500円の贈り物によってたくさんの効能が期待できるはずです。

さて、ここからは作成手順です。今回使用する写真枚数は「20枚」とします。残りの42ページ分は手帳用のアイテムです。20枚以下がよい、もしくは20枚以上でつくりたい、という方はそれに合わせてアイテムの枚数を調整してください。

①新規作成から写真選択

まずはアプリを起動して「新規作成」を押します。


写真選択画面で、20枚の写真を選択して「決定」を押します。(左を写真、右をアイテム、でレイアウトしたい方は「31枚」の写真を選ぶとちょうど62ページで納まります)

②余分なページを削除し、並べ替え
(写真20枚+アイテム42枚でまとめる場合)

写真を62枚未満で選択すると、下図のように右ページにその写真の日付が自動で入ります。この「日付ページ」を全て削除します。


「日付ページ」を押すと、下図のように「アクションメニュー」が表示されます。この中から「削除してつめる」を押すと、それ以降のページが繰り上がります。全ての「日付ページ」に、この作業をしてください。


全ての「日付ページ」を「削除してつめる」と、後半の42ページは全て「空白ページ」になります。

③アイテムの挿入と複製

「空白ページ」を押すと、下図のように「アクションメニュー」が表示されます。この中から「写真を入れる」を押してください。


サービス選択画面に切り替わりますので、「アイテム」を押します。


アイテム選択画面に切り替わります。スクロール(縦方向に移動)して「おくすり手帳 血圧記録」のアイテムを選び、「決定」を押すと、空白ページにアイテムが配置されます(リスト表示に切り替えればアイテム名が表示されます)。


アイテムを挿入したページを押すと、下図のように「アクションメニュー」が表示されます。この中から「ページを複製する」を押してください。「ページを複製する」を繰り返し、全ての「空白ページ」をアイテムに変えてください。

④プレビューで確認

全ページのレイアウトを完成させたら、最後に「プレビュー」で仕上がりイメージを確認し、注文してください。

いかがでしょうか。操作はとても簡単です。このアイテム活用方法を使いこなせば、62枚の写真を用意しなくても多様なフォトブックをつくることができます。

●赤ちゃんの月刊成長記録
→31枚(1ヶ月分)の写真+メモ用アイテム31枚(手書きで写真のコメント)

●年間スケジュール帳
→38枚の写真+カレンダー用アイテム24枚

これら以外にも使えるアイテムは200種類以上あるので、ぜひご覧ください。

まずは、来月の敬老の日に「血圧記録手帳」or「おくすり手帳」をつくってみてください。お盆に帰省する際は、手帳用の写真をたくさん撮影することをおすすめします(じぃじ・ばぁばとお孫さんとのツーショットは必須です)。

注)フォトブックはお届けまでに5日から2週間かかります。9月15日の敬老の日に間に合わせる場合は、8月中にご注文ください。

Update:2014/08/08

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。