フォトブックとは違う「判型」の本

こんにちは、開発部の飯野です。

1月のスタッフブログにTOLOTの運営するアートスペース 「TOLOT/heuristic SHINONOME」の話がありました。「TOLOT/heuristic SHINONOME」はアートスペースなので基本的には美術品の展示を行っているのですが、裏業務(?)として美術書などの印刷も行っています。
アートスベースで取り扱っている美術書たち 

印刷しているのはアートスペースと関わりのある特定のアーティストの作品のみですが、大判の写真集から郷土史をまとめた学術的なものまで、さまざまなジャンルの美術書、学術書を扱っています。
写真集が多いです

これらの美術書もすべてTOLOTの工場で印刷、製本しているのです。

さまざまな大きさ

写真でわかる通り、扱う印刷物はTOLOTのA6サイズのフォトブックとは形が異なります。それどころかA5、A4サイズや正方形など、さまざまな判型の印刷物があります。
フォトブックとは大きさが全然違います。

これらの判型の異なる印刷物を扱う上で重要になってくるのが、入稿されたデータを製本に適した形に変換する「面付け」という作業です。ということで、今日は面付けの話をしたいと思います。

入稿データ

美術書の印刷ではアーティストの方にPDF入稿をお願いしています。具体的には次のようなPDFを用意していただいています。
仕様
PDFファイル名ページ番号.pdf001.pdf、002.pdf もしくは
1.pdf、2.pdfなど
PDFの内容判型の上下左右に3mmの
ドブ(注1)を付けたもの
A5の場合: 154mmx216mm(注2)
A4の場合: 216mmx303mm(注3)

このPDFを元データとして、印刷に適した形に変換(面付け)していきます。

面付け

本を作成する場合、1ページ毎に両面印刷するのではなく、複数のページを1枚の用紙に両面印刷し、その用紙を「折り」、「とじ(糊付)」、「断裁」して製本していきます。この「1枚の用紙に複数のページを配置すること」を面付けと言います。

TOLOTで利用しているデジタルオンデマンド印刷機HP Indigo 7600はA3ノビサイズの印刷が行えます。このため美術書の印刷でもA3ノビの台紙に印刷するページを面付けしていきます。

もちろん、印刷物の判型によって効率的な紙の取り方や、製本の工程が変わってくるため、判型によって面付けの方法も変わります。例えば、A5左とじ冊子(横書き)を作成する場合は次のようにページを面付けしていきます。
A5左とじの面付け

A5右とじ冊子(縦書き)の場合は次のようにページを面付けしていきます。左とじと比べると何もかもが逆順になっていてややこしいです。
A5右とじの面付け
-1は最後から1枚目、-2は最後から2枚目と読んでください。

A4左とじ冊子の場合は次の通りです。A5と比べるとかなり簡単です。
A4左とじの面付け

アートスペースで美術書を取り扱い始めた初期の頃は、この面付けを手作業で行っていたそうです。現在は印刷する判型が増えるごとに、判型に合わせた面付けプログラム(注4)を作成し、二回目以降の作業の手間を減らす工夫をしています。

面付けした後。工場で印刷、製本

印刷のための下準備は完了したので、面付けデータを工場に送り製本します。
最終的に、印刷、製本の過程を経て本が完成します。
最近製本した写真集
面付けプログラムが影で活躍しています!

今後も美術書はどんどん増えて行きます。アートスペースの展示の会期中は「TOLOT/heuristic SHINONOME」でこれらの美術書もご覧いただけるかも知れません。その際はぜひ手に取ってご覧ください。

  • 注1: 断裁時の紙ズレのための予備領域。
  • 注2: A5は148mmx210mm。
  • 注3: A4は210mmx297mm。
  • 注4: 面付けプログラムはA5(右とじ、左とじ)、A4(右とじ、左とじ)に対応しています。今後は正方形の変形本や、A4中とじ、などの面付けが増えそうです。あー大変。。
Update:2014/04/02

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。