話題の水彩画風加工アプリWaterlogueで加工した写真でフォトブックをつくってみた

こんばんは、開発部のオムハシです。
App Storeの有料総合1位にもなっている写真を水彩画風に加工できるアプリ「Waterlogue」。早速購入して遊んでいますが、何気ない写真が良い雰囲気の水彩画になって面白いですねー。
このWaterlogueを使って加工した写真をTOLOTにするとどうなるのか、早速試してみました。

まずはWaterlogueの使い方

1.アプリをダウンロード

Waterlogue(AppStore)
https://itunes.apple.com/jp/app/waterlogue/id764925064?mt=8
有料アプリなので値段をしっかり確認して購入してください。

2.スタイルを選択

アプリを起動したら、画面下に並んだスタイルから好きなものを選びます。今回はデフォルトのNaturalにしてみました。(後からでも変えられます)

3.加工元の写真を選択

画面左にあるカメラのアイコンをタップして加工元の写真を選びます。フォトライブラリーの中から選ぶか、直接カメラを起動して撮影することもできます。今回はフォトライブラリーから選びます。

4.自動で加工開始

ライブラリから写真を選ぶと自動的に加工が始まります。

白い状態から、

徐々に色が付いていきます。

うーん、それっぽくなってきた。

ジャーン、完成です。桜の写真が見事な水彩画になりました。

5.保存

加工が終わったら忘れずに保存しましょう。画面右下のハートをタップすると、

保存や共有用のメニューが表示されます。Save to Photosを選択すればフォトライブラリーに保存できます。Instagramに投稿しても良いですね。
さらに、嬉しいことに元の写真の解像度そのままで保存してくれるので、このあとTOLOTで印刷しても劣化しない!

さっそくTOLOTでフォトブックにしてみた

できあがった写真を使ってさっそくTOLOTをつくってみました。
あ、念のためTOLOTのURLを貼っておきますね。
TOLOT(AppStore)
https://itunes.apple.com/jp/app/tolot/id443357356?mt=8&ls=1

さて、いよいよお披露目。表紙は"水彩画"を意識したドットブルーにしました。

先ほどの桜の写真がこちら。

アップ。いい味でてます。

隣は猫ちゃん。こっちも良い感じ。

見開き

風景や建物が淡いステキなイメージに。

色味のある写真もキレイにプリントできます。

いかがでしたでしょうか。
みなさんもいろいろな加工アプリを使った画像でTOLOTを楽しんでみてください!
Waterlogue(AppStore)
https://itunes.apple.com/jp/app/waterlogue/id764925064?mt=8
Update:2014/01/15

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。