TOLOTに動画を載せよう〜iPhoneだけでできるQRコードのつくり方〜

開発部のすがわらです。

今回はYouTubeの動画をいい感じにTOLOTで使うために、QRコードを保存するやり方を書こうと思います。
しかし、QRコードを作るってどうすれば良いのか?できれば簡単な方が良いし、手軽に作れればそれに越したことはありません。

iPhoneだけでいい感じにQRコードを作る方法について

App StoreでQRコードに関するアプリをいくつか調べてみました。QRコードの作成までできるアプリはあまり多くはなかったのですが、無料で使えるものをいくつか試してみて、SSQRというのがシンプルで良さそうでした。
このアプリを使って、URLをQRコードにして作成することができそうです。さっそく試してみるため、(なんでも良いのですけど)YouTubeにアップロードされているTOLOTのつくり方を埋め込んでみましょう。

YouTubeからURLを取得する

以下の画面はiPhone版YouTubeアプリで動画を表示している状態です。もちろん、あくまで例なのでYouTubeでなくても大丈夫です(今回使うYouTubeの動画はこちら)。
動画が流れている部分をタップするとサブメニューがでてきます。
メニューの一番右側のアイコンを押します。
このようにいくつかのメニューがでてきます。この画面で「共有」を選択します。
さらにどの方法で共有するかを選択できるので「クリップボード」を選びます。これでお目当ての動画のURLをiPhoneで取得できました。

QRコードを作成する

ここでようやくSSQRの出番です。おもむろにアプリを立ち上げて「作成」を選択しましょう。
さきほどコピーしたURLをこのテキストエリアにペーストして、下の方の「作成」を押します。
そうするとQRコードが出てきますので、右上にあるアイコンから保存を選択します。
おめでとうございます!これであなたのカメラロールにはQRコードが保存されました。

実際に作ってみたよ

最初、何も考えずにQRコードだけをTOLOTのページに置いてみたのですが、これはちょっとあんまりですね……(これでもQRコードの内容はちゃんと読めます)。
そこで、もう一工夫してiPhoneのpapelookというアプリを使ってQRコード+URLという組み合わせにしてみました。
このように、URLや紹介のコメントなどを書くと良さそうです。

QRコードだけでは残念という方は別のアプリやPhotoshopなどを使って色々手を加えてみると良いかもしれませんね。

それでは、良いTOLOTライフを!
Update:2013/02/13

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。