30枚以下の写真でフォトブックを作る

スタッフのリーです。

年末年始は実家に帰られた方も多いと思います。
また旅行に行かれた方も多いことでしょう。

私は年末年始と実家に滞在していましたが、最近は帰省するたびに旅行好きの母からフォトブック制作を頼まれます。

写真の枚数が多い場合はそれほど考えずに済むのですが、旅行中にちょっと撮ったみたいな感じで枚数が少なかったりすると空白ページが多くなってしまい、レイアウト的に結構悩んじゃうんですよねぇ。

デザインチームのスタッフなどはフォトショップ等を使って手の込んだフォトブックを作って紹介していますが、開発畑一筋の自分にはそんなテクニックもセンスもございませんので、あるモノでなんとか形にする必要があります。

今回のお題である「30枚以下の写真でフォトブックを作る」ですが、そんな私の経験も踏まえつつ写真点数が少ない状態でもそれなりに見やすいフォトブックを、手間を掛けずに作る方法をご紹介したいと思います。

~ TOLOTの特性 ~

TOLOTは選択した写真が31枚以下の場合、左側の奇数ページに写真が配置され右側の偶数ページに写真の撮影日時か作成日時が自動的に入る仕様になっています。

ですが、写真枚数が少なく横向きの写真が多いと写真の上下の空白+撮影日時ページの空白が合わさって、少し寂しい感じになってしまいます。

※ 横向き写真の場合、上下に空白が入ります。

そこで、写真の無いページは思い切って文字を消してしまい、横向き写真が多い事を逆手に取って縦開きに見ることを前提として写真を配置してみます。

※ 撮影日時を消してしまう理由は、縦開きでフォトブックを見る場合の違和感をなくすためです。

~ 今回やること ~

縦開きフォトブックを作成するにあたり、以下の作業を行います。
  • 写真を30枚ほど用意する
  • 右側(偶数ページ)に写真を配置する
  • 左側(奇数ページ)をダウンロードアイテムで埋める(或いは空白にする)
  • 横向き写真を回転する
これだけです。
簡単にできそうでしょう?

右側に写真を配置するのは、縦開きした時にページをめくりやすくするためです。
(もちろん左側写真+右側空白にしても作成できます。画像の向きに注意してくださいね。)

左側は下になるため、空白ページのままにするか今回のようにダウンロードアイテムで埋めてみます。

作成にはパソコン版TOLOTを使用します。
左側ページを埋めるダウンロードアイテムは、縦開きでも横開きでも違和感なく使える万能アイテム、ドットパターンを使います。

~ 作ってみよう ~

・TOLOTに画像を読み込む

・ページを右にずらす
画像が左側に配置されているため右側に移動する必要がありますが、Air版TOLOTのページ移動機能を使うと簡単に全体をずらすことが可能です。
読み込んだ最後の画像の右側に配置された撮影日時ページを1ページ目の前にドラッグ&ドロップで挿入しましょう。
これで全体が1ページ分右にずれるために画像が右ページに配置され、1つ1つ移動する手間が省けます。

・左側(奇数ページ)を編集
左側の撮影日時をダウンロードアイテムに置き換えます。
※ページに配置してグレーになった画像でも別ページに貼り付ける事ができますので、ドットパターンのダウンロードアイテムは1つだけ読みこめばOKです。

・右側(偶数ページ)を編集
横向き写真は上下に空白ができてしまいますので、これを回転させます。

・これを全ページに行うとこうなります。

・プレビューするとこんな感じ。

・実物を手にとって見るとこんな感じになります。

~ その他、画像を増やすテクニック ~

旅行記ならパンフレット等をスキャンして使う

写真が少なくても、行程表やパンフレット等をスキャンするなりデジカメなどで撮影するなりして利用することで、写真の点数を増やせます。

ダウンロードアイテムを使って区切りにする

旅行であれば、何箇所か回ったりということが多いと思います。
写真点数が少ない場合は区切りとなるページを設け、そこにダウンロードアイテムを貼り付けるとアクセントにもなって一石二鳥です。

見開きにする

当ブログで以前にも紹介していますが、スタッフが作った「SPLI-TO」ツールを使うと、簡単に見開き用の画像を作成することが出来ます。
1枚の写真を見開き用に使えばこれだけで2ページ分使うことになってお得ですね!

※「風景+人物」のような写真が多い場合、中央付近に人物が写っている事が殆どなため、分割が難しくなります。人物無しの「風景」を見開きで使うといい感じになりそうです。

いかがでしたでしょうか。
TOLOTは低価格高品質なサービスがウリですが、64ページ固定という事で写真の枚数が足りずに二の足を踏んでいる方もいらっしゃると思います。

工夫次第ではそれなりのものもできますので、ダウンロードアイテム等を駆使してチャレンジしてみては如何でしょうか。

Enjoy!
Update:2013/01/08

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。