かんたん・きれいなTOLOTレイアウト法

こんにちは、デザイナーやってます、ズキヲです。

今回は、1ページに複数の写真をきれいで簡単に配置する方法を、
先日行ってきました私の台湾旅行の写真を使って、ご紹介していこうかなと思います。

62枚以上の写真を1冊にまとめるには

1Pに1枚づつ、計62枚の写真をフォトブックにできるTOLOTですが、
それでも足らないという方もいらっしゃると思います。
(実際、私の台湾旅行写真は軽く500枚を超えてしまいました)
そういった場合に、photoshopなどの画像編集ソフトを使い、
複数の写真を1つの画像内にレイアウトすれば、
さらに多くの写真をフォトブックにまとめることができるのです!

っということで僭越ながら、
簡単できれいに仕上がるレイアウトについてご紹介しようと思います。

画面を4分割

まず、以下のように縦、横それぞれ半分にエリアを分け、4等分にします。
ページのサイズは、TOLOT本サイトのこちらを参照してください。

本当にただ、1ページを縦横で4分割しただけです。
あとは、左の画像で分けられている1、2、3、4のエリアそれぞれに、好きな写真をトリミングしてレイアウトするだけでOKです。

実際に写真をはめ込むとこんな感じ↑

どうでしょう、すごく簡単ですよね?
これでイチイチ、レイアウトをどうしようかなんて悩む必要はありません!

エリアを組み合わせて、自分だけのレイアウトにカスタマイズ!

さて、ここからは応用編です。
この手法だと、縦長の写真ばかり配置することになってしまいます。
でも、横長の写真だってみなさん、たくさんお持ちだと思います。
そういった場合には、チャチャっと12のエリアを繋げてレイアウトしてしまいましょう。

こうすれば、横長の写真も切らずに配置できますし、さらに紙面上にリズムも出てきて、ちょっと素敵な感じです。

横位置写真をたくさん配置したい!っという場合は、
34も組み合わせて完全に上下二分割にしてしまっても、OKです。
逆に、小さくなってもOKな場合は、4分割したエリアをさらに半分にするというのもあります。

13を繋げて縦長のエリアを作ってもOKです。
縦長の写真のおかげで、ダイナミックな雰囲気が出てますね。

このように、最初にまず4分割したあとに、縦や横を自由に繋げてあげるだけで、
かんたんきれいに複数の写真をレイアウトできるわけです。

こんな風に分割したエリアのいくつかを一色でベタ塗りにしたりすることで、 デザイン性が増して、ちょっとおしゃれな紙面になったりします。

また、このようにフォトブックになったときに、左右のページで写真の大きさに強弱がつくように配置するのも、素敵なレイアウトにするテクニックの1つです。

実際に印刷すると、こんな感じになります!

このレイアウト方法を使って、素敵なフォトブックを作ってくださいね! ではでは。
Update:2012/07/04

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。