アルバムフォルダを作ってみる。

こんにちは! 制作部スタッフです。

TOLOT工場のある東京もついに梅雨シーズンに突入してしまったので、今日は室内にこもって図画工作でもしてみようかと思います!

TOLOTのアルバムフォルダを作る

写真用のアルバムって、よくフォルダに入って数冊単位で売られていたりしますよね。
お子さんやペットの写真など、一冊におさまらないものを管理するのにとても便利です。

そ・こ・で!
今日はTOLOTのフォトブック専用のアルバムフォルダを手作りすることにしました!

1.材料を揃える。


  • カッター or ハサミ
  • のり or 両面テープ
  • セロハンテープ
  • 厚紙(写真左。今回は裏面がカラーの工作用紙を用意しましたが、大きさが足りれば何でもOK。)
  • 包装紙(写真中央。好きな柄のものを使いましょう。英字新聞や折り紙でも良いかも?)
  • デコレーショングッズ(写真右。シールやカラーペンなど、好きなものを好きなだけ!)

2.サイズをはかる。

今回は5冊バージョンと10冊バージョンの2種類を作ってみようと思います。

3.展開図を作る。

フォトブックを出し入れしやすいように、全てに1mm足した数で作ります。


まずは5冊バージョンを作ってみます!

こちらは工作用紙に展開図を書き起こしたもの。
雰囲気を盛り上げるために「のりしろ」と書いてみました。

雰囲気は大事です。 えぇ。

4.切る。


指をケガしないように気をつけてくださいね!

今回、裏面がカラーの工作用紙を使ったのは、フォルダの内側をカラーにしてオシャレっぽくしようという魂胆です。

5.組み立てる。


やま折り線に折り目をつけます。
カッターの刃の背で軽く線をなぞると、キレイに折ることができます!

のりしろに両面テープを貼り、組み立てます。
もちろんここはのりを使ってもOK!

組み立てました。
内側の赤がなかなか良いかんじ!

半円型のくぼみは、フォトブックを出し入れするのに指を置く場所です。

各辺にセロハンテープを貼って補強します。
使っているうちに破れてしまうのを防ぐためです。

ここから先の行程は、形がつぶれないように中にフォトブックを入れた状態でやるのがオススメ!

6.包装紙でコーティング。


のりをまんべんなく塗り、包装紙でコーティングします。

…おぉ!
それっぽくなって参りました!

7.自由にデコって完成!


じゃーん!!
包装紙でくるんだ上に、さらにデコってみました。なかなか満足な出来上がりです。

細めのマスキングテープを駆使して作ったリボン。

シールを貼ったり、絵を描いたり、ここは皆さんのセンスを思う存分発揮してください!

他にも作ってみました。


こちらは10冊バージョンのサイズで作ったもの。 男の子のお子さんのフォトブックを入れたくなるような色(にしたつもり)です。

材料があまったので5冊バージョンをもうひとつ! 思い切り女の子っぽくしてみました。
立体的なリボンをあしらってみましたが、本棚には収納しづらいかな?

せっかくのオリジナルフォトブック、こんな風に収納まで自分好みにこだわるのも楽しいですね。
お子さんをはじめ、家族で一緒に手作りするのも素敵な時間になりそうです。

それでは皆さま、Have a nice TOLOT!!
Update:2012/06/15

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。。