銀座三越のショーウィンドウに注目

こんにちは。プロモーション担当のオータムです。
先日紹介した『Planetary Photobooks』の関連情報をお伝えします。

この『Planetary Photobooks』で作品集を出版されているフォトグラファー・緒方範人さんが、現在開催中の(株)三越伊勢丹主催、TOKYO FRONTLINEプロデュース、東日本復興支援アート&チャリティプログラム「KISS THE HEART #1」に参加されています。

「KISS THE HEART #1」は、アートを通じて復興支援を継続的に行う社会貢献事業です。2012年2月1日(水)から約1ヶ月間、伊勢丹新宿店・三越日本橋本店・銀座三越のショーウィンドウを発表の場として、複数の国内外の若手アーティストが東日本大震災を通じて考え、創造したさまざまな作品を展示しています。

この話を聞きつけ、緒方さんの作品が展示されている銀座三越へ早速行ってきました。
緒方さんはこれまで、インターネットで閲覧可能な画像から架空の都市空間を構築し、その膨大なデータから1枚の銀塩写真プリントを生み出す、現代の「建築写真」を制作してきました。今回は、東日本大震災後に東北の被災地を訪ね、自ら撮影した写真を画像処理し、被災した建築の本来の姿を見せようと試みた作品集を出展しています。

銀座三越のショーウィンドウに飾られた写真集は、『Planetary Photobooks』の作品集と同様に、TOLOTと同じシステムを使用し、最先端のデジタル印刷機「HP indigo 7500」で出力したものです。銀座に立ち寄った際は、緒方さんが表現するモノクロの世界に佇む被災地の建築物とメッセージの断片に、少しの間でも触れてもらえればと思います。

銀座三越のショーウィンドウ展示は、2月26日(日)まで。そのほか、伊勢丹新宿店、三越日本橋店のショーウィンドウでも、他のアーティスト作品が2月27日(月)まで展示されています。この出展作品は、チャリティオークションに出品され、落札額の全額(消費税分を除く)が東北の「こども芸術の家プロジェクト」に寄付されます。オークションは、3月4日(日)に銀座三越で、事前応募の参加者によって実施されますので、興味のある方は下記Webサイトからご応募ください。
Update:2012/02/02

TOLOTをご存知ですか?

スマホやパソコンでオリジナルのフォトブックを作れるアプリです。